大阪の広告代理店で経験を積み、ライターとして独立後、岡山県に移住。現在は自宅のある岡山と仕事の拠点である大阪を行き来する生活を送っているが、事務所を持たないフリーランスである浦田さんにとって、THE LINKSは「大阪での居場所」だという。そんな彼女とTHE LINKSとの出合い、そして仕事の価値観を変えられたほどの出来事とは?

 バックパッカー旅行がターニングポイントに

現在のお仕事について教えて下さい。

フリーランスのライターとして、企業の会社案内や大学の入学案内をはじめ、販促物やウェブの採用広告のライティングをすることが多いです。最近は、社長のブログを代行執筆する仕事もやっています。

なぜライターになろうと?

1993年、京都精華大学を卒業し、新卒で大阪の送風機メーカーに入社したのですが、三か月で退社。昔から憧れがあった広告代理店に転職しました。

そこは小さい広告代理店だったので、新聞に掲載する小さな広告は自分で文章を書き、デザインのラフも。その時に文字を書くのは楽しいなと。

スクリーンショット 2019-01-23 10.29.55

広告代理店に憧れが?

はい。ずっと憧れがありました。でも学生の時は自分に自信がなくて、自ら何かを発信するタイプではないと思っていたので、広告代理店ではなく機械メーカーに就職したんです。ところが、働きだすとしっくりこなくて。
会社を辞めた後、一人でアジアの旅をしたときに、英語も喋れないうえコミュニケーション能力にも自信がなかった私が、
現地で旅行者から情報を集めて、地図も持たずに行きたい場所に行くことができたんです。

それはすごい経験ですね。

その経験を通して自分に自信が持てるようになって、旅行から帰って来た時に「やりたかった広告の仕事をやってみよう!」と、広告業界に飛びこむことにしたんです。

なるほど。

その後、印刷会社へのディレクターとして就職。ライターさんやデザイナーさんに指示を出す立場にも面白みを感じましたが、やはり自分で書く実作業をしたいという気持ちが強くなって、独立をしました。36歳頃のことです。
それから4年、大阪でフリーのライターをしていましたが、夫の就農に伴い兵庫県丹波市に移住。その2年後の2012年に岡山県瀬戸内市に移住したという経緯です。

2017年からは隔週で、大阪と自宅のある岡山を行ったり来たりしながら仕事をしています。

ご主人の理解があってこそですね。

岡山では自宅を仕事場にしていましたから、1週間、家から一歩も出ないなんていうこともあって。ほとんど引きこもり状態でしたね。それよりも、今のように大阪と岡山を行き来しながら仕事をしているほうが生き生きとしていられるので、家庭と仕事のバランスがうまくとれるようになったんですよ。

でも移動がしんどいので、どこでもドアがあるといいんですけど(笑)。

ライターというお仕事の面白いところは?

色んな人にお会いしてお話を聞くことで、私の世界観や知識の幅が広がっていくことですね。例えば会社のトップである経営者の話を聞くことも面白いですし、これからの日本を担う若い世代や学生さんの話を聞くことも楽しいです。

著名人の方たちに取材をした際には、皆さん揃って丁寧な応対をして下さり、お話の方向性や考えがまとまっていて、やはり有名になる方は一流だなと実感しました。

仕事で大切にしていることは?

私は記者ではないので、主観を入れるのではなく、お仕事を依頼して下さったお客様に喜んで頂ける記事を書くことを心がけています。

とはいえお客様の意向に添い過ぎると、面白みがなかったり、事実と遠ざかったりする場合もありますから、そこの兼ね合いをうまくつけながら記事やコピーを仕上げます。

 

知人だからこそ「適正価格」で。と言われ、感銘を受けた

大阪と岡山を行き来しながらフリーのライターをされているとのことですがTHE LINKSとの出合いとは?

一昨年の1月に会員になったのですが、それまでは岡山県を拠点にしていたので、どうしても仕事が限られていて。もっと仕事の幅を広げたいと、以前仕事をしていた大阪に拠点を移しました。

仕事場をどこにするか考えた時に、岡山では一人きりで仕事をしていましたから、大阪では色んな人と出会えるスペースで仕事がしたいなと。7~8件ほどコワーキングスペースを見学し、一番雰囲気が良かったTHE LINKSの会員になりました。

どんなところが他のコワーキングスペースと違いましたか?

セミナーや交流会の開催、スタートアップの方に優しい利用料の設定などから、起業家さんやこれから独立しようとする人を応援しようという思いが、THE LINKSからは感じられました。

そういった姿勢は、コミュニケーターさんたちの日々の対応からも感じますし、会員の方たちにもその思いが伝わってTHE LINKSの良い雰囲気を作っていると思います。

具体的にどんな雰囲気ですか。

お互いに助け合おうという雰囲気ですね。THE LINKSの会員さんは自分が利益を得ることよりも、人に与えることを大切にしている方が多いように感じます。私も困ったときに助けていただいたり、話を聞いていただいたり。「文章なら浦田さんに」と、お仕事のご依頼をいただくこともあります。

実際に、助け合いを感じたエピソードは?

いつもお世話になっている会員さんに仕事を依頼され、感謝の意味も込めて安く見積もりを出したら、「適正価格でお願いします。友達や知人だからこそ適正価格もしくは適正価格より多くお支払するべきだと思っています。それがお互いにとっていいことだから」と言って頂いて、深く感銘を受けました。

知人だからこそきちんと払う、そして払ってもらうことを改めて意識するようになった、大きな出来事でした。

仕事の価値観が変わる出会いがあったのですね。

はい。仕事が得られること以上に、人と人とのお付き合いができることはフリーランスにとってとても嬉しいことですし、そこから学ぶことも大きいです。入会前に想像していた以上に横のつながりがあって、全く違う業界で起業している人やフリーランスの方などと知り合う機会が持てて、話していてとても面白いです。

仕事が終わって飲みに行ったり、ランチを一緒に食べるなど会社の同僚のような付き合いができるのも楽しいですね。

浦田さん写真のコピー

浦田さんにとってTHE LINKSはどんな場所ですか?

以前大阪に住んでいたとはいえ、自分のオフィスはない、同僚もいないという心細い状況の中、THE LINKSと出合えたことで、私の“大阪での居場所はここ”といった心強い存在になっています。

そういった存在になれて嬉しく思います。

特に、岡山で仕事が減ってしまって大阪で仕事をリスタートした経緯があったので、最初は気持ち的に落ち込んでいましたけど、THE LINKSで出会った仲間や、横のつながりで頂いた仕事のおかげで、今では自信を持って仕事ができるようになりました。

そういった素晴らしい場所を提供して下さっているTHE LINKSに感謝しています。

では、今後のご予定は?

昨年はありがたいことに仕事が順調でしたので、今年は生活も大事にするのが至近距離の目標です。それと、これは目標と夢の間の話なんですけど、いつか私が住んでいる岡山県瀬戸内市に、THE LINKSのようなコワーキングスペースを作りたいですね。

実際、私の周りには、在宅で働いているフリーランスの人がたくさんいるので、そういう人たちが集えるコワーキングスペースを作り、私がTHE LINKSから支援してもらったように、人と人とをつないだり、仕事の手助けができたりしたらいいなと思います。

古民家を改造してコワーキングスペースを作るという案はどうでしょう?

そういうのができたら素敵ですよね。この夢を叶えた時、また取材しに来てください!

PROFILE
浦田さんアイキャッチ2
浦田事務所
浦田 まどか(うらた まどか)
大阪の広告代理店で経験を積み、ライターとして独立後、岡山県に移住。現在は自宅のある岡山と仕事の拠点である大阪を行き来する生活を送っているが、事務所を持たないフリーランスである浦田さんにとって、THE LINKSは「大阪での居場所」だという。そんな彼女とTHE LINKSとの出合い、そして仕事の価値観を変えられたほどの出来事とは?
基本情報
出生年:1971年
血液型:0型
出身地:京都府久世郡
出身高校:京都府立久御山高等学校
出身大学:京都精華大学 人文学部
座右の銘
  • なんとかなる
プライベート
ニックネーム:まどか まどりん まどぴょん
趣味:落語をきく・人と飲むこと
特技:味噌づくり
尊敬する人:桂米朝
年間読書数:20冊程度
心に残った本:「流転の海」宮本輝/「陰影礼賛」谷崎潤一郎/「乳酸菌、宇宙へ行く」 ヘルシスト編集部
心に残った映画:「スモーク」「グラン・マスクの男」「ダージリン急行」「ナチョ・リブレ」
好きなマンガ:「きょうの猫村さん」ほしよりこ/水木しげる、こうの史代
好きな食べ物:白米、タイ料理、ローストビーフ
嫌いな食べ物:ナマコ、軟骨の唐揚げ
行きつけのお店:「立ち呑み処 ひさまつ (北浜)」 「MOUNT-Kitahama」
訪れた国:タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、台湾、中国、韓国、ネパール、トルコ、アラブ首長国連邦、ドイツ、オランダ、オーストリア、ベルギー、イタリア、フランス、デンマーク、スウェーデン、モロッコ
大切な習慣:夜ヨーグルト
口癖は?:「よし!」 「早よ飲みに行こ」
BACK NUMBER
SHARE ON記事をシェアする
  • THE LINKS twitter

THE LINKS KITAHAMA

〒541-0042 
大阪市中央区今橋2-3-16 MID今橋ビル1F

tel. 06-6226-0002 / fax. 06-7635-4905
open.【平日】 9:00 - 22:00 【土曜】 9:00 - 20:00 
(日・祝祭日:定休日)
※平日は20時までの入店をお願いしております。

北浜駅 徒歩3分 / 淀屋橋駅 徒歩5分