手先が器用な祖母の影響を受け、高校卒業後は和裁が学べる専門学校へ。当時はまだ日本でiMacが発売されていない時代で、ITという言葉すら存在しなかった。その後、結婚、出産を経て30歳になった頃。アメリカからやってきたiMacを手にし、コツコツと独学で得た知識と技術が現在の仕事に生かされている。

祖母の助言で和裁に。ITとは縁遠かった

仕事内容について教えて下さい。

iPhone、iPadの講師をしています。リンクスのミーティングルームを使ってスマホ教室を開催したり、最近では、iPhone、iPad を使って仕事をしたいという人のサポートやコンサルや、企業のIT部門のコンサルも行っています。

スクリーンショット 2019-06-27 19.38.37

どのような経緯でスマホ教室を開催しようと?

現在、2つのグループを受け持っているのですが、1つは元経営者の方を対象にしたもの。この教室を始めたのは、知人に誘われてiPhone、iPad研究会に参加したのがきっかけでした。

そのメンバーの中に70歳ぐらいの“スーパーおじいちゃん”がいて、その方はiPhoneだけで不動産を営んでいるほどITに強く、友人向けにスマホ教室を開催されていたんですね。その方に「教室を引き継いで欲しい」と頼まれて、2018年から私が講師を担当することになりました。

参加者の皆さんの様子は?

最高齢、88歳の元脳外科医の先生は「スマホで新しい知識をインプット&実践することで脳の刺激になっている」とおっしゃって、ITを使った終活をされています。

ITが苦手で、社員にいつも同じことを聞くのをためらっていた男性はEvernoteを使いこなせるようになり、若い社員に驚かれたと嬉しそうに話していらっしゃいました。

その他、私の教室に来たことでLINEのスタンプが送れるようになり、お孫さんとやりとりができるようになるなど、仕事や家族間の交流がスムーズになる良い効果をもたらしているようです。

では、もう1つのグループは?

以前、私がハンドメイド雑貨をウェブで販売していた時に知り合った友人であったり、その知人の方が集まってくれています。

2つのグループが共同でスマホ教室を開催することもあるんですよ。桜の季節にはお花の撮影会に行ったり、世代の違う人たちがつながる良い機会になっているのではないかと思います。

ed588334-95c3-4c74-8f67-a4ebde8f95da

スマホの技術を習得するにとどまらない広がりがありそうです。

実は、それが私の目的なんです。仕事や家族以外の仲間と月に何度か集まって交流を図ることで、皆さんの生活が生き生きとすればいいなと。

もともとITに強かったのですか?

いえ、全く知識がありませんでした。幼い頃から手先が器用で、「将来のために手に職をつけよう」と高校卒業後は和裁士になるための専門学校に進み、大手アパレル商社の着物部に就職しましたが、1年ほどで退職した後は、自宅で和裁士として外注で受けて縫うなどITとは縁がありませんでした。

和裁士として2年ぐらい働いた頃に結婚、妊娠し、仕事は辞めてしまいました。

いつITとの出合いが訪れたのでしょう?

子育てに専念していた30歳の頃、日本で初めて発売されたばかりのiMacを購入したことがきっかけです。当時パソコンといえばグレーの四角い箱のイメージだったのですが、iMacはまるでおしゃれ家電かと思うくらいデザインが斬新で、持っているだけでワクワクするような感覚がありました。「これがパソコンなの!?」という驚きがあって。

いち早くiMacを使っていた主婦の友達に使い方を教えてもらうと、どんどんのめり込んでいきましたね。それが今の仕事につながるターニングポイントです。

当初、iMacを使ってどんなことを?

毎月発売されるiMacの本を読みながら新しい技術を習得したり。そのうち自分でホームページが作れるようになると、当時、流行っていたロモというフィルムカメラで撮った写真をホームページにアップするなど、あくまでも趣味程度に遊んでいました。

ちょうどその頃、ヤフオクが出てきたので、インターネット上で高く売れる雑誌をリサーチして、その雑誌を買い占めたり、ハンドメイドの雑貨が流行っていると聞けば、自分で作って販売したり。パタンナーの友人が作った型紙を売るために、ウェブショップを立ち上げて販売することもしていました。

友人相手に無償でウェブの作り方を教えたりもしていましたね。

趣味兼、家で出来る内職といった感じでしょうか。

そうですね。子供がまだ小さくて働きに出ることは考えていなかったので、iMacは主婦がおうちで遊ぶのにちょうどいい“面白いおもちゃ”のようなものでした。

 

ご高齢の方が来ても違和感がない、リンクスの空間

ウェブ制作のスキルは独学で習得したのですか?

最初は独学でしたが、専門的に学んだのは、子供が大きくなってパートに出るようになり、パートを辞めた後に職業訓練でウェブ制作の学校に行った時のこと。プロのウェブデザイナーの講師にウェブ制作の概念を教えてもらうなど、とても濃い内容の授業を受けました。

ところが、いざ働こうと思っても、やはりウェブ業界は若い世代が多いですから、自分で何かやったほうがいいのではないかと。ずっと趣味にしていたハンドメイドの商品を、自分で作ってはネットショップで売ったり、友人の商品をネットで売る手伝いをしたりしていました。

しばらく経つと、ネットショップ販売のブームからリアル販売のブームに移り変わってきたので、今度はリアルで売ることにしたんです。

167e8d0f-7f1b-4d2f-a36e-54ee09cbbbef 332d0a7b-427e-4548-a667-ce266d1f8aa8

お店を出されたのですか?

はい。京都のイベントなどに月2回出店するなどしました。それはそれで楽しかったのですが、屋外で開催することも多く、体力的にも少ししんどいなと。

ちょうどその頃には、MacだけでなくiPhoneや他のApple製品も発売され、使いこなせるようになっていたので、周りの人に使い方を教えたり、買うのを勧めたりしていました。

ハンドメイド販売も好きだけれど、私はこっちの方が好きだなと思ったのが大きなきっかけでした。

それでITに舵を切ったのですか?

はい。ちょうどその頃、IT業界で働いている若い世代の方と出会う機会があり、その方に「粕谷さんほどの知識と技術があれば、iPhoneを使った仕事ができますよ」とアドバイスされたんです。

しかも、その方がちょうど事業を立ち上げるタイミングで、手伝って欲しいと言われて「私でいいんです!?」という感じでしたけど、友人相手とはいえ10年以上、ウェブ制作を教えていた経験はあるし、そっちに専念しようと。

2015年に独立。

それから4年が経ちます。私は知らない人と喋ったり、名刺交換をしたりして自分をアピールするのがあまり得意ではないのですが、ありがたいことに、つながりのある人が良いご縁をもたらしてくれて、私と人とをつなげてくれる。

今年は50歳になる節目の年なので、これからの人生は、私が人と人とをつなげるハブ役になりたいです。

具体的な展望は?

あと20年先、70歳ぐらいになった時に知り合いが集まるスナックを経営して、そこでもiPhoneの使い方を教えられたらいいですね。

スマホ教室の70代、80代の生徒さんはとてもお元気で、新しいことを吸収することに貪欲ですから、私も皆さんのように、いくつになっても好奇心を持って何事にも取り組んでいたれたらと思います。

粕谷さんの原動力とは?

興味あるなしに関わらず、人に声をかけられたら、まずやってみようというのが原動力です。和裁をやっていた頃はそういう性格ではなかったんですけど、30歳の時にiMacを買って、ハンドメイドの商品を販売して……、徐々に“なりたい自分像”に近付いてきたように思います。

なるほど。では、スマホ教室開催にあたって、リンクスを利用することになった経緯を教えて頂けますか。

先ほどお話した、私がiPhoneを使った仕事をするきっかけとなった、IT業界の方にリンクスを勧められたんです。でもなかなか足を運ぶには至りませんでしたが、知り合いの方がイベントを開催された時にリンクスに初めて来て、「素敵な場所だな」という印象を持ちました。

それから約1年後、2018年の初めに、スマホ教室を開催する場所を探して色んなコワーキングスペースを見て回った時に、リンクスの落ち着いた雰囲気なら70代、80代の方を呼んでも違和感がなさそうだなと。ミーティングルームの広さもいいし、ここしかないと思って決めました。

お呼びするお客様のことを考えて、リンクスに決めたのですね。

そうですね。皆さん、「この場所は良いね」と気に入って下さるので、パンフレットを渡して、勝手に広報活動しています(笑)。

DSC03694のコピー2

ありがとうございます(笑)。異業種の方と触れ合うことの良さは?

主婦目線で「みんな、すごい!」と、ただただ感心しています。リンクスでは、皆さん真摯に仕事に向き合っている人が多い印象を受けますね。

リンクスに何かリクエストはありますか?

今のままで十分だと思いますよ、受付のコミュニケーターさんの印象も良いですし、イベントで会員の交流も促してくれます。ここの会員さんは、他者に還元するという思いを持っている人が多いのも、リンクスの良い点だと思います。

最後に、あなたにとって、リンクスとは?

普段は主婦という一面が大きいからこそ、仕事に真摯に向き合っている皆さんから元気をもらえる、大切な場所です。

PROFILE
DSC03677のコピー3
グロスト舎
粕谷 香澄()
手先が器用な祖母の影響を受け、高校卒業後は和裁が学べる専門学校へ。当時はまだ日本でiMacが発売されていない時代で、ITという言葉すら存在しなかった。その後、結婚、出産を経て30歳になった頃。アメリカからやってきたiMacを手にし、コツコツと独学で得た知識と技術が現在の仕事に生かされている。
基本情報
役職:代表
出生年:1969年
血液型:B型
出身地:兵庫県丹波市
出身高校:兵庫県立柏原高校
出身大学:大原和服専門学園
座右の銘
  • 志高く
プライベート
ニックネーム:かすみん
趣味:写真、ライフハック
特技:パン作り
尊敬する人:アイリス・アプフェル、スティーブ・ジョブズ、松浦弥太郎
年間読書数:10冊
心に残った映画:プラダを着た悪魔
好きな食べ物:トマト
嫌いな食べ物:
行きつけのお店:エルマーズグリーンカフェ
訪れた国:ハワイ・フィジー
大切な習慣:目覚めたらすぐ起きる!トイレ掃除
口癖は?:大丈夫!
URL・SNS
BACK NUMBER
SHARE ON記事をシェアする
  • THE LINKS twitter

THE LINKS KITAHAMA

〒541-0042 
大阪市中央区今橋2-3-16 MID今橋ビル1F

tel. 06-6226-0002 / fax. 06-7635-4905
open.【平日】 9:00 - 22:00 【土曜】 9:00 - 20:00 
(日・祝祭日:定休日)
※平日は20時までの入店をお願いしております。

北浜駅 徒歩3分 / 淀屋橋駅 徒歩5分