「在宅勤務はやることない?」サボりを防ぐために必要な集中できる環境づくり

2020.07.31

こんにちは。THE LINKS KITAHAMAのコミュニティマネージャーの工藤です!

新型コロナウイルスの影響で、各社が取り組み始めている在宅勤務。

これまではフリーランスが中心だった在宅勤務ですが、会社員でも出社せずに仕事をする働き方が広がってきています。

しかし、急に自宅で仕事をするとなると、集中できない人やサボってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで、今日は「在宅勤務」でも集中して働くために必要な環境づくりのポイントをご紹介します!

在宅勤務とは

home work man

在宅勤務とは、会社に出社せず、自宅で働く勤務形態のことを指します。

エンジニアやデザイナーをはじめ、パソコンを用いる業務を行う会社員が対象となる傾向にあります。

会社によっては一切出社しないこともありますが、週1、2日ほど在宅勤務を認める企業も多いようです。

在宅勤務を導入することで、人材不足の解消などのメリットもあれば、勤怠管理や評価制度の見直しなどの課題もあります。

ここから、在宅勤務のメリットや課題、その解決策について紹介していきます。

 

リモートワーク・テレワークと在宅勤務の違いは?

最近になって注目を集めている「リモートワーク・テレワーク」と「在宅勤務」の違いが曖昧になっている人が多いかもしれません。

リモートワーク・テレワークは、インターネットを活用して、時間・場所に制限されない就業形態のことを指します。

つまり、リモートワークの働き方の中でも「企業に雇用されていること」と「自宅で業務を行うこと」に当てはまれば在宅勤務と呼ばれます。

 

在宅勤務を導入する3つの理由

ここ数年で在宅勤務を実施する企業が増えた理由は、大きく3つあると言われています。

それぞれの特徴を詳しくみていきましょう!

 

人材不足を解消

在宅勤務が導入される理由の1つめは、「人材不足を解消」です。

人口減少が進む日本では、人材不足の課題は避けては通れないと言われています。

在宅勤務を導入することで、場所に制限されず仕事ができ、田舎にいながらも大企業の仕事をすることも可能です。

他にも子育て中の女性や高齢者、障がい者など、多様な人々が働ける会社に近づくことと思います!

 

コストの削減

「コストの削減」も在宅勤務を導入する理由の一つです。

オフィスに出社する必要がないため、通勤や移動にかかるコストが削減されます。

また、企業にとってもオフィスにかける経費をカットすることが可能です!

 

緊急事態時の事業の継続

home work_アートボード 1

最後は「緊急事態時の事業継続」というポイントです。

実際に、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、33.5%の企業で在宅勤務が実施されました。
(2020年4月在宅勤務に関する調査」より)

このようなパンデミックや災害などの緊急事態時にオフィスへ出社できない場合でも、在宅勤務なら事業を継続することが可能です。

 

「サボり」が生まれる3つの原因

メリットも多い在宅勤務ですが、最大の問題は「サボり」が生まれてしまうこと。

プライベートと仕事の線引きが難しい在宅勤務では、どのように業務に集中するかが非常に重要なポイントになります。

在宅勤務で集中できない原因を、3つご紹介します!

 

誘惑が多い

まず第一の原因は、「自宅には誘惑が多い」ことです。

テレビや漫画、ゲーム、ベッドなど、家で作業をしていると様々な誘惑に打ち勝つ必要があると思います。

作業中は、机にパソコン以外のものを置かないようにしたり、漫画やスマホを目に入らない場所に片付けたり、工夫をするようにしましょう。

 

集中する空間がない

次に、「そもそも集中できる空間がない」ということもサボりが生まれる原因の一つ。

仕事用の部屋を用意することができればいいですが、ワンルームで暮らす人や家族がいる人にとって、仕事だけに集中できる空間を作るのは難しいです。

普段の生活空間と仕事の空間を分けることができなければ、ついつい居眠りしてしまったり漫画に手が伸びてしまったりするのも、考えられないことではないですね。

 

孤独

最後のサボってしまう原因は「孤独」です。

会社のオフィスなら他の社員と同じ空間で仕事をすることができる一方、在宅勤務では基本的に一人で業務を行うことになります。

人によっては、「会社の雰囲気が好きで仕事をしている」「ライバルに負けないために頑張れる」ということもあるでしょう。

在宅でありながら、仕事仲間としっかり連絡をとったり、定期的に報告を行ったりと工夫することが必要です。

 

コワーキングスペースで環境を変える

the_links

在宅勤務でサボってしまう原因の「誘惑が多い」「集中する空間がない」「孤独」の、一つの解決策としてコワーキングスペースがあります。

コワーキングスペースは、様々な業種の人たちが集まり、共に作業を行う空間です。

自分に合った場所を見つけられれば、誘惑のない集中できる空間で、会員のコミュニティに属する仕事ができます。

在宅勤務で集中できない人は、コワーキングスペースに登録して環境を変えてみることをおすすめします!

 

まとめ

今回は、在宅勤務が広がる背景や自宅で集中できない原因についてご紹介しました。

これから在宅勤務が始まる人や既に在宅勤務であまり集中できていないという方は、一度コワーキングスペースを試してみてください。

大阪の落ち着いて作業できる空間をお探しの場合は、THE LINKS KITAHAMAでいつでもお待ちしています。

ドロップインでのご利用や内覧を、営業時間内ならいつでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

THE LINKS KITAHAMA

〒541-0042 
大阪市中央区今橋2-3-16 MID今橋ビル1F

tel. 06-6226-0002 / fax. 06-7635-4905
open.【平日】 9:00 - 22:00 【土曜】 9:00 - 20:00 
(日・祝祭日:定休日)
※平日は20時までの入店をお願いしております。

北浜駅 徒歩3分 / 淀屋橋駅 徒歩5分